気になる言葉ショップ

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままで選ばれた気になる言葉ごとのオンラインショッピングコーナーを設けています。
Home > TV >
相棒 season14 「英雄~罪深き者たち」

相棒 season14 「英雄~罪深き者たち」

恒例の元日スペシャルです。
悪くはないけど、何か物足りない感じがする。
大河内さんは出てこないし、法務事務次官も出てこない。その割に昔の人が出てきた。

元捜一の三浦さん、元「赤いカナリア」の本多篤人、その娘、片山雛子、さらに、名前だけだが小野田さん、亀山夫婦の行ったサルウィンと昔からの相棒ファンを意識しすぎている。本多親子の証人保護プログラムみたいな扱いも小野田さんが前にやっていたし。なんか、本編というより後日談的な感じがしてしまう。もしかして、「相棒」自体終わりに近づいている?

どうせなら、亀山薫主人公で、スピンオフ作品にしてもらったほうが収まりよさそう。
亀山薫が、サルウィンで、鞘師が、日本でなにか企んでいると知って、日本に戻ってきて、三浦さんに会って、・・・

途中で脚本変わったのかな、右京さん話だと「昔、村によくしてくれた大黒さんを、デマのせいで、今では村の人たちはすっかり忘れて」というのが動機のようだが、2人は子供の頃の火事のとき大黒さんから復讐を頼まれていて、ずっと時を待っていた。
あれだけ子供にも良くしていたのだから、自殺して子供に復讐させるというのは、無理筋ではないですかね。右京さんの方を膨らませた方が良かったと思うのだが。

最近、子供の頃の出来事が元でというの多くありません?

片山雛子の議員辞職、いままでの流れで言えば、次更に強力になって登場しそうな気もしますが、いままでは、その場で自分にイイ方に変えていたのに、今回その描写がないのは、脚本家の力不足?

season14の始まりの頃は、警察官でない相棒を得て、面白いと思っていたが、人工知能の話あたりからかな、なんかあれ?っと思うのが多くなってきた。

Comments are closed.