気になる言葉ショップ

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままで選ばれた気になる言葉ごとのオンラインショッピングコーナーを設けています。
Home > TV >
ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜

ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜

2時間ドラマでやった時と少し変わっていて、峰岸さんが入ってくる前の段階から始まった。前のは、無かったことになったのか。連続ドラマになったので、よくあるパターンの各話での事件と全体を通しての話と用意されているようだ。全体用にフリーのジャーナリストが絡んできている。
第2話では、堀北真希のJK姿が見られてよかったが、「ヒガンバナ」という組織は、全然意味をなしていないようだ。

来宮の特殊能力は、まるでナイトヘッドの直也のようだ。で、この能力の使い方間違ってないか。死者が出たところでは、被害者の言葉をひとこと喋って、気絶し、しかも自分は何を喋ったか覚えていない。一方、普通の人たちの考えていることは、気絶することもなく感じ取ることができる。なら、生きている関係者にあたっていればいいんじゃない。

来宮、峰岸以外のメンバー、井戸端会議しているだけで、必要なのか疑問に感じる。いまのところ、基本設定をいかす話になっていないようです。

Comments are closed.