気になる言葉ショップ

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままで選ばれた気になる言葉ごとのオンラインショッピングコーナーを設けています。
Home > wordpress >
フック

フック

WordPressには、APIフックというのがあり、WordPress本体から特定のタイミングで独自の関数を呼んでもらうことができます。

このおかげで、簡単に、WordPressに絡めます。フックには2種類ある。

(1)アクションフック

独自の処理を追加することができます。パラメータは、フックにより違いますが、投稿IDなど1つのものが多いようです。特にそれらを加工したり、そのまま返却する必要はないようです。

(2)フィルターフック

WordPressが準備したデータを編集などすることができます。パラメータは、そのデータになり、編集したデータを返却しなければなりません。

フック場所が非常に多くあるので、大概のことができそうである反面、最適な場所を見つけるのに苦労しそうである。

Comments are closed.