気になる言葉ショップ

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままで選ばれた気になる言葉ごとのオンラインショッピングコーナーを設けています。
Home >
バラ

バラをプレゼントするシーン

女性がもらいたい花No.1バラ特集【日比谷花壇】

バラのプレゼントって素敵ですが、男性はちょっと照れくさいと思う人も多いのではないでしょうか。
ですがさりげなくバラのプレゼントができる男性こそ、素敵な大人の男性だといえると思います。
バラをプレゼントするシーンを考えてみましょう。
やはり、恋人や奥様のお誕生日ですよね。
大切な人へのプレゼントは、相手の好みの花色を選び、ラッピングにもこだわりましょう。ラッピングセンスはお店によって様々です。ラッピングが豪華だと、それだけで素敵なプレゼントに仕上がります。自分の好みにあったラッピングをしてくれるお店を選びましょう。
日頃の感謝をこめて、お父さんやお母さんへのプレゼントとしても最適です。
還暦祝いには60本の赤いバラなど、おすすめですよ。
その他、退職祝いや、母の日や父の日も良いですね。
オレンジ系や青色系、白い色など、シックでお洒落なものがおすすめですよ。
お子様がいる人、特に娘さんがいる人は、お子様の誕生日などにぬいぐるみなどと一緒にバラをプレゼントとすると喜ばれることと思います。
お父さんのお洒落なプレゼントに、娘さんもびっくりするかもしれませんね。
お子様でも簡単にお世話ができるように、アレンジメントがおすすめです。
バラは見た目も素敵ですが、その良い香りには、人を癒す効果があります。
人が沢山集まるオフィスの癒しの場や、来客の多い場所、自宅に飾っても素敵ですね。
定期的に配送してくれる花屋さんのサービスもありますので、そうしたものを利用すると絶えずお花を楽しむことができますよ。

バラの花言葉(1)

花にはそれぞれ「花言葉」というものがありますね。
例えばひまわりには「光輝」、朝顔には「愛着」などがありますが、女性に贈る花として定番であるバラには、どんな花言葉があるのでしょう。
一般的に知られているバラの花言葉は、「愛」や「恋」です。
好きな女性に贈る花としてはぴったりな花と言えますが、花の色によっても花言葉に違いがあります。
バラと言えば、赤ですよね。赤いバラの花言葉は「情熱的」「美しさの象徴」などです。清楚なイメージの白いバラは「純潔」「心からの尊敬」、愛らしいイメージのピンクのバラは「上品」「温かい心」「美しい少女」、また「病気の回復」という言葉もあります。黄色のバラは、「友情」「献身」という花言葉の他に、「別れよう」「不貞」「嫉妬」などとマイナスの意味を表す言葉もあります。
また花色の組み合わせによっても花言葉に違いがありますよ。
赤いバラの中に白いバラを添えた場合、「温かい心」や「和合」という花言葉になります。
黄色のバラの中に赤いバラを添えた場合は、「どんなにあなたが不実でも・・・」
また、色の組み合わせではなく、3本の蕾のバラと1本の花の場合は「あのことは永遠に秘密」、2本の花と1本の蕾の場合は「あのことは当分秘密」などという言葉になります。
色々調べてみると、おもしろいですよね。
花言葉を詳しく知っている人は少ないかと思いますが、プレゼントとして贈る時に、このような花言葉を添えて贈ってもお洒落ですね。

バラの花言葉(2)

女性に贈る花として、定番のお花に「バラ」がありますよね。
バラの花言葉は愛や恋、また色によっても違いがあり、赤いバラは情熱的、白いバラには純潔や尊敬などという花言葉があります。
色だけではなく、バラの部位によっても花言葉に違いがあることを知っていましたか?
バラの葉には、「希望がある」「頑張れ」などという励ましの意味があり、枝には「あなたの不快さが私を悩ませます」などと複雑な花言葉があります。
バラといえば棘ですが、この棘にも花言葉があり「不幸中の幸い」という意味がありますよ。
バラの状態によっても花言葉に違いがあります。
多弁のバラは「誇り」「バカにしないで」、一重のバラには「清純な愛」「静かな愛」、満開のバラには「私は人妻」などと意外な花言葉がありますよ。
しおれているバラにも花言葉があり、しおれている赤いバラには「はかない」、白いバラには「つかの間の印象」という言葉がありますよ。
棘のないバラは優しい印象を受けますが、やはり「誠意」や「友情」などという友好的な花言葉があります。
また、棘のないバラの蕾には、「まだウブで怖い」といった言葉があります。
可憐な野バラには、「やさしい心」といった言葉がありますよ。
バラだけでもこんなに色々な花言葉があるなんて、バラを贈る側としては、考え出すと大変ですよね。
花言葉はロマンティックですが、悪い意味の花言葉は気にしないようにしましょう。
何より、自分が相手のことを想って気に入ったお花を選ぶことが大切です。
花言葉を使う時は、良い意味の花言葉だけを添えてプレゼントしましょう。

良いバラの選び方(2)

女性に贈ると喜ばれるバラですが、せっかく贈るのであれば、良いバラを選びたいですよね。
良いバラとは、どんなバラでしょう。
やはり、鮮度が良く、健康なバラですよね。
葉や花びらを見てもそのバラの鮮度が分かりますが、大きなポイントになるものは茎です。水桶につかっている部分がぬるぬるしていたり、傷んだりしているようだったら、鮮度が悪い可能性が高いです。
もう1つ、大きなポイントとなるものに、蕾があります。
購入後も花を長く楽しむためには、咲いているものよりも蕾の状態のものを購入した方が良いですが、この蕾が硬いものほど、鮮度が良いものといえますよ。
ですが花屋さんで蕾をつまんで確認することは、ちょっと難しいかと思いますが・・。
参考までに、覚えておいてくださいね。
蕾の花びらの巻きが少ないものも、鮮度が悪い可能性がありますよ。
こちらは見た目だけでも分かりやすいですよね。
全体的な姿も見てみましょう。
やはり、生き生きとしてヒョロヒョロではなく、しっかりと立っているものがおすすめです。
花から葉までの距離もチェックしてみましょう。
より短いものの方が、元気で鮮度が良いバラといえますよ。
値段でも分かるかもしれませんね。
やはり、葉や花の色が美しく、鮮度が良いバラは他のバラよりも値段が高くなっている場合があります。
大切な人に贈るバラなら、やはり少々高くても、鮮度が良くて長く楽しんでもらえるバラを選びましょう。
お店でバラをチェックする時のマナーとして、バラを手にとる時は、一緒に入れてある他のバラを傷めないために、必ずお店の人にとってもらうようにしましょうね。

良いバラの選び方(1)

バラは豪華で香りも良く、女性にプレゼントする花としては最適ですよね。
お花屋さんでバラを買う時、気をつけていることはありますか?
大切なプレゼントとしてのバラですから、鮮度が良く、お家で長く楽しんでもらえるバラが良いですよね。バラだけに限ったことではないですが、切花は鮮度が大切です。
お花屋さんで沢山売られているバラの中から、自分の目で確かめて良いバラを選ぶようにしましょう。
まずは花びらからチェックしてみましょう。
売られているお花を色々触ってみるのはなかなか難しいですよね。目で見るだけでも確認できます。花びらの先まで色がついていて、肉厚なものが良いお花ですよ。花びらが薄く、透けているものは鮮度が良いとはいえません。
次は葉を見てみましょう。
ツヤ感はありますか?破れていたり、黄色くなっていたりするものはしっかり管理されていない可能性があります。すぐに枯れてしまうことが多いので、避けるようにしましょう。
額もポイントになりますよ。
額の先までピンとしていて、やはり変色していないものがおすすめです。
咲き具合も大切ですね。
お家で長く楽しんでもらうためにはやはり蕾のものが良いです。
ですが、全てのお花が蕾の方が良い、というわけではないので注意しましょう。
カーネーションやガーベラは、切花にすると自分で咲く力がないので、既に咲いているものが良いです。
また、チューリップは、温かくて明るい場所だと咲き、暗くなると閉じてしまう性質があります。
バラと一緒にこのようなお花を買う時は、気をつけるようにしましょうね。

バラの香り

バラは、女性へのプレゼントとしては最適なお花ですよね。
その優雅で美しい姿が、やはり一番の魅力ですが、バラの素敵な香りもまた魅力の1つですね。
バラにはたくさんの種類があり、全てのバラに良い香りがあるわけではなく、香りの強さや種類も、種類によってさまざまです。
バラの香水やお化粧品などに良く使われているバラは、ブルガリア産の「ダマスクローズ」というバラです。
甘く強い香りが特徴で、お花はやさしいピンク色をしています。
何万種とあるバラの中で、香料として使われているのは2種類だけで、そのうちの1つがダマスクローズなのです。
シャネルやゲラン、ティファニーなどの高級香水にも、ダマスクローズが使われていますよ。
上質な紅茶の香りをもつバラもありますよ。
モダンローズと呼ばれているバラには、ほとんどこのような香りがあり、レディヒリンドン、ディオラマ、ガーデンパーティなどのバラがあります。
その他に、すみれの香りがするモッコウバラ、すずらんの香りのロサ・ニティダなど、他の花の香りと似た香りをもつバラもありますよ。
また、花の部分だけでなく、葉が香るバラもあります。
スイートブライアーと呼ばれているバラで、青りんごのような甘い香りがします。
アップルローズも、葉にりんごのような香りを持っています。
良い香りが嫌いな人っていませんよね。
特に女性は、良い香りが大好きです。
プレゼントするバラ選びに迷ったら、香りから選んでみてはどうでしょう。
「良い香りだったから・・・」なんてバラをプレゼントしたら、ちょっとお洒落ですよ。是非香りも選択肢の1つに考えてみてくださいね。

バラの効能

バラは1本あるだけで存在感があり、とても豪華で美しい花ですよね。
見た目だけでなく、その香りも魅力の1つですが、バラは食用としても楽しむことができると知っていましたか?
気になるバラの栄養成分ですが、代表的なものにはビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどがあります。
お肌を活性化させる効果や、新陳代謝を良くして冷え性を防止する効果、卵胞ホルモンの分泌を促す効果など、女性に嬉しい効果がたくさんありますよ。
その他に、更年期障害を軽減させる効果、体の免疫力を高めてアレルギー症状を改善させる効果などもあります。
健康面からも、さまざまな効果が期待できるのですね。
また、バラを食べるということは、同時にバラの香りも楽しむことができるということですよね。
バラの香りにも、様々な効能がありますよ。
なんといっても、その良い香りからリラックス効果が期待できます。
そして、バラの香りは脳を活性化させて、美肌効果もあります。さらに女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を促す作用があるため、更年期障害の軽減や、異性を引き付ける作用があるとも言われていますよ。
その他にも、消化器官の活性化や、加齢臭や口臭も抑えることができます。
バラを食べることに抵抗がある人は、アロマやオイルなどで、香りだけでも楽しんでみてはいかがでしょう。
プレゼントとして最適なお花ですが、是非日頃頑張っている自分へのご褒美に、バラを買ってみてください。
心も体も、癒されること間違いなしですよ。

良い花屋さんの選び方

女性に何かプレゼントしたいな、と思った時、お花を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
豪華なバラの花束や、ちょっとした鉢植えなど、どんなお花でも女性はとても嬉しいものです。
お花を買う時にはどんな花屋さんを選んでいますか?
花屋さんなんて、どこも同じ、なんて思っていませんか?
素敵なお花を買うためには、まずはしっかりしたお店を選ぶことが大切ですよ。
まずは、お店の雰囲気をみてみましょう。
・ディスプレイが綺麗にしてあり、日替わりや週変わりで旬のお花が並んでいる
・背の低い草花が手前、高い草花が奥に陳列されている
・1つずつ丁寧に値段が記されている
・ミニブーケやアレンジが並べられ、センス良く、自分のイメージに合っている
・お花の種類が多く、切花なら30種類以上、葉物も5種類程度はそろっている
以上のような項目を簡単にチェックしてみましょう。
また、お花の状態も大切ですよね。
お花は鮮度が大切です。特に切花の場合は、少しでも鮮度の良い状態のお花を購入して、お家に帰ってからも綺麗なままで長持ちさせたいですよね。
切花の冷蔵庫の温度がしっかり管理されていて、花桶の水が綺麗な状態であるか、ということは必ずチェックしておきましょうね。
また、1つの花桶にたくさんお花が入っていたり、色々な種類のお花が入れてあったりしていないかもポイントです。お花の管理がきちんとされているかが大切なのです。
店員さんの対応も大切ですよね。
おすすめのお花や、お花の管理方法など、店員さんにどんどん質問してしまいましょう。どんな質問でも、こちらの質問に対してにこやかに丁寧に答えてくれ、お花の知識が豊富だな、と信頼できる店員さんがいるお店を選びましょうね。

バラのプレゼントの仕方

女性にお花をプレゼントしようと思った時、多くの人が思いうかべる花が「バラ」ではないでしょうか。
ですが、バラをプレゼントするといっても、プレゼントの形式には色々なものがあります。
用途や相手の状況などで使いわけるようにしましょう。
一般的なのが、花束ですよね。
花束は、お誕生日や結婚式など、お祝い事全般に使われます。
お誕生日に彼女の年の数だけのバラの花束を贈る・・なんて、とっても素敵ですね。
小さな花束(ミニブーケとも呼ばれます)なら、お祝い事ではなくても、日常生活の中でさりげなくプレゼントしてもお洒落ですよね。
外出先で渡すなら、大きすぎる花束は避けた方が良いでしょう。
大きな花束は、華やかでとても存在感があり、プレゼントされた人に喜ばれること間違いなしですが、外出先で持ち帰ることが困難である場合があるので、どこで渡すのか、どのように持ち帰るのかを考えてから購入しましょう。
大きな花束をプレゼントしたい時は、配送サービスを利用するのが一番良い方法ですね。また、お花をもらっても花瓶など、生ける容器がないと困ってしまいますよね。
お家に花器がないと思われる場合には、花束と一緒に花器もプレゼントしましょう。
お花を色々な形にデザインした、アレンジメントも素敵です。
かごや陶器など、様々な器に吸水性のあるスポンジを入れて、お花を活けこんだものです。お花屋さんで「アレンジしてください」とお願いすると、アレンジメントのことだと思ってしまいますので、使い方には注意しましょうね。
アレンジメントは、花束と違い、花器に活ける必要がなく、スポンジにお水をあげておくだけでお水の入れ替えも必要ありません。お家でのお世話が簡単なので、お花に詳しくない人にもお勧めのプレゼントです。
球状のものから、扇形、三角形など、形は様々です。花屋さんによって、センスに違いが出るので、自分の好みに合ったアレンジを作ってくれるお店を見つけましょう。
外出先で渡す時は、花束と同様、大きすぎるものは持ち運びに大変なので避けるようにしましょう。

バラを長持ちさせる方法(1)

女性に贈りたいお花として、思い浮かぶのはバラですよね。
ですがバラって、きれいな花束を購入してもすぐにしおれてしまう、まだ開ききっていないのに終わってしまった・・・という人が多いものです。
バラを長持ちさせるのは難しい、というイメージですが、せっかくプレゼントするからには、できるだけ長く楽しんでほしいですよね。
バラを長持ちさせる方法を勉強してみましょう。
バラだけに限らず、植物は根から水を吸って、葉の気孔と呼ばれている部分から水分を蒸散させています。枯れてしまう、という状態は、吸水の状態よりも蒸散の方が長く続いてしまい、植物の中の水分が不足してしまっている状態ということですね。
このような状態を作ってしまう原因は何でしょう。
・温度や湿度が高く、葉からの蒸散が大きくなり過ぎてしまう。
・根からの吸水力が少なくなってしまっている。
以上の2点が考えられます。
まず、温度や湿度などの環境問題はすぐに解決できますよね。
バラを飾る場所は、直射日光があたらず、風通しの良い所にしておきましょう。
根の吸水力の低下は、茎の中にある水を吸い上げる管「導管」が、様々な理由でつまってしまうことによるものです。
導管を良い状態で保つには、最初に花瓶に生ける時にポイントがあります。
まず、バケツの中などに水をはり、その中に茎の先をつけます。
水中で、茎の先を1cm程度ハサミで斜めにカットします。その後、2秒程度水中に入れておきます。
これを「水切り」といいますが、この作業を行うことにより、茎の吸水力がアップするのです。
花瓶の中に入れる時は、下の方の葉は切りおとしておきましょう。
水の中の葉が腐ると、水を汚してお花が弱ってしまう原因になってしまいます。

バラを元気にさせる方法

バラは1本でも存在感があり、プレゼントしては最適なお花ですが、「枯れやすい」と思っている人も多いのではないでしょうか。
確かにバラは、水の吸水力が悪く、他の花と比較すると早くしおれてしまう場合があります。ですが、しおれてしまったからといって、すぐに諦めないでください!
一度ぐったりしてしまっても、元通りの姿に戻す方法があります。
用意するものは新聞紙です。
新聞を2つに折り、その上に花を乗せます。
この時、新聞の左上の隅に花の部分がくるように、斜めに置きます。
花の形を整えます。ぐったりしている部分は、上向きに直してあげましょう。
花が下向きのままだと、そのままで固定されてしまうので、注意しましょうね。
花の形が整ったら、左上から新聞紙で花をくるくる巻いていきます。
お花を上向きに保ちながら巻くのが難しい場合は、立って、お花を下向きに持ちながら巻いていきましょう。
この時、茎が全部隠れてしまわないように、茎の下10cm程度は新聞から出ていると良いです。新聞紙が大きい場合は、折るなどして調節してくださいね。
巻き終わったらテープでとめます。
お花がグラグラしていないか、確かめてみてくださいね。
きつく巻きすぎてもお花を傷めてしまいますが、グラグラしてお花が下を向いてしまうようだと効果がありません。調節が難しいですが、程よく巻いてみましょう。
後は、茎を切るだけです。
水の中で切る必要はありませんよ。
茎の下1cm程度、ひどい場合は10cm程度切ってしまいましょう。
切ったらまた水に入れておきます。
これで完了です。1、2時間程度そのままにしておき、その後新聞を取ってみます。
まだグラッとするようだったら、もう1度巻き直し、さらに1時間程待ちましょう。
この方法で、ほとんどの場合、元の元気な姿に戻りますよ。
元気になったバラは、何だかさらに愛おしく感じてしまうことと思いますよ。
是非試してみてくださいね。

バラを長持ちさせる方法(2)

女性にプレゼントすると、喜ばれること間違いなしのバラですが、お家での管理はなかなか難しいものです。
最初に花瓶に入れる時は、茎の吸水力をアップするために、茎の先端をスパッと水中で切ってやる「水切り」をしてやりましょう。
また、花瓶の中に砂糖を加えたり中性洗剤を数滴たらしてやったりすると、水の腐敗を防ぐことができ、バラを長持ちさせることができます。
花瓶の置き場所は、風や直射日光が直接あたらず、寒暖の差が少ない場所がベストです。
以上のような最初の作業がポイントになりますが、その後の毎日のお手入れもとても大切ですよ。
花瓶のお水は、毎日替えてやるとよりお花が長持ちします。
この時、花瓶の中のぬめりは綺麗に取っておきましょう。
また、茎を触ってみてヌルッとしていたら、水道水でぬめりの部分を洗ってやります。
指の腹でこするように、優しく洗ってやりましょう。
茎の先端が茶色に変色していたら、その部分を切り落としておきます。
放置しておくと、バクテリアが茎の中に入り、導管がつまって吸水力が低下してしまいます。
お花に良いとは分かっていても、毎日の水替えは少し大変ですよね。
忙しい場合は、2日に1回くらいでも大丈夫です。
冬場など、寒い日が続く場合は3、4日空いていても大丈夫ですよ。
気をつけたいのは夏場ですね。お水が腐りやすく、お花も痛みやすいので夏場は毎日水替えすることをおすすめします。また、バラだけではなく、カスミソウなどの、茎が柔らかい植物と一緒に入れている時は、水の腐敗が早くなります。季節を問わず、毎日水替えすることがおすすめです。

ブリザーブドフラワー(1)

永遠に咲く魔法の花「プリザーブドフラワー」【日比谷花壇】

お花は見ているだけで優しい気持ちになり、プレゼントとしても最適なものですよね。ですがお花は生き物です。購入後はきちんとしたお世話が必要ですし、頑張ってもいつかは枯れてしまうものですね。
お花のお世話が面倒、ずっと美しさを楽しみたい、という人には、「ブリザーブドフラワー」はいかがでしょう。最近良く耳にするようになってきましたね。
プリザーブドフラワーとは、最新の保存加工技術によって、お花の形や柔らかさ、色合いを永年に楽しむことができるタイプのものです。
1991年、フランスのVermont社によって開発されました。
お花の水分を抜いて、その代わりに人体に無害な保存料を吸収させる「プリザベーション加工」によって、本物のような姿を維持できるようにさせました。
欧米では、数年前から親しまれており、最近では日本でもお店で良く見かけるようになりましたね。
良く出回っているものはバラですが、最近では小花など、色々なお花を組み合わせたものが登場してきました。
本物のお花を使っているので造花とも違いますし、生花のようにお水をあげてお世話する必要はありません。
また、人工のものですが、保存料は体に無害なので、お肌の弱い人にも安心です。
実際にはない色合いのお花を作ることができるのも、大きな特徴です。
自然界では珍しい青いバラなども楽しむことができますよ。
値段は本物のお花より、少し割高になりますが、長く楽しむことができることを考えると、お得な感じがしませんか?
プレゼントとしても記念に残るものになりますよね。
是非素敵なブリザーブドフラワーを見つけて、クリスマスやお誕生日に、大切な人に贈ってくださいね。

ブリザーブドフラワー(2)

最近お花屋さんなどで良く見かけるようになった「ブリザーブドフラワー」。
ブリザーブドフラワーは、特殊な保存技術により、生花のように美しい姿を長い間楽しむことができると言われている花ですが、実際にはどのような特徴があるのでしょう。
見た目はほとんど生花と変わることはありません。
保存料を利用して染色しているので、自然界では珍しい、例えば青いバラなども作ることができますよ。
メーカーから輸入されてくるプリザーブドフラワーは、花首だけで茎がない状態です。
その状態でワイヤリングを施して茎を作っているので、ブーケやアレンジは、どうしても花丈の短い可愛らしいデザインになります。
ですが、容器やデザインにこだわって作られているものが多く、とても存在感のあるものに仕上がっています。
保存の仕方ですが、ブリザーブドフラワーは永遠に楽しむことができる、なんて言われていますが、やはり劣化は防ぐことはできません。上手に保管していても、最も美しい状態は2年程度と考えておきましょう。
ブリザーブドフラワーは、高温多湿を嫌います。
このような場所で保管していると、花が湿度を吸って、花びらが透明になってしまう場合があります。そのまま放置しておくと、カビになったり、色あせの原因になったりしてしまいます。
保管場所は、多湿で直射日光が当たる場所は避けましょう。
花びらが透明になってしまった後でも、すぐに場所を変えればある程度は元に戻すことができますよ。
購入する時は、ケースに入っている場合が多いかと思いますが、やはりケースに入れたままの状態で楽しみましょう。埃よけにもなりますし、お花がより長持ちします。
ブリザーブドフラワーは、固まっている、と思っている人が多いかと思いますが、触れてみると、生花には劣りますが、実はしっとりしていてソフトな感触なのです。
ですが、ブリザーブドフラワーはとてもデリケートです。花びらが傷ついたり、かけてしまったりといったダメージを受けやすいので、なるべく触れないようにしましょうね。
どうしても触れたい時は、傷つけないように慎重に触れてみてくださいね。

ネット花屋さんの選び方(1)

女性に何かプレゼントしたいのだけど、何にしたら良いのか分からない、相手の趣味と違っていたらどうしよう、などと考えてしまう人は多いのではないでしょうか。
そんな時、プレゼントとして失敗しないのがお花ですよね。
女性に限らず男性でも、お花をもらってイヤな顔をする人はいませんよね。
ですが、いざお花をプレゼントしようと思っても、どこの花屋さんに行けばよいのか分からない、普段行かない場所なので何となく行きづらい、という人も多いのではないでしょうか。そんな人には、インターネットショップの花屋さんがおすすめですよ。
ネットショップなら、忙しい人でも手軽に利用することができますし、ちょっと気恥ずかしい真っ赤なバラの花束なども購入できますよね。
インターネットで検索してみると、いくつもの花屋さんが見つかります。
その中から1つの花屋さんを選ぶのは、とっても難しいですよね。選ぶ時のポイントになることを考えてみましょう。
やはり、信頼できるお店が一番ですよね。
質問コーナーや、Q&A、質問送信フォームなどが充実しているところを選びましょう。花を購入した後の、お家での楽しみ方や水やり方法など、アフターケアに対してもきちんと説明されているかも大切です。
信頼できそうなお店をいくつか選んだら、そのお店のラッピングセンスも忘れずにチェックしておきましょう。
お花をプレゼントした時、「素敵!」と喜んでもらえると嬉しいですよね。
綺麗なお花ももちろん大切なのですが、ラッピングのデザインも花と同じようにとても大切です。
素敵なラッピングをしているお店は、商品代金をトータルすると、少し割高に感じるかもしれません。
ですが、喜んでもらうためには、やはりお洒落でインパクトのあるラッピングは外せないポイントです。
ラッピングデザインはそれぞれ好みがありますよね。色々な画像を見て、自分が気に入ったラッピングをしてくれるお店を見つけてくださいね。

ネット花屋さんの選び方(2)

女性にお花をプレゼントしたいのだけど、どんな花屋さんが良いのか分からない、花屋さんでお花をじっくり選ぶのはちょっと恥ずかしい、という人には、ネットショップの花屋さんがおすすめです。ネットなら、自分の好きな時間に、ゆっくり時間をかけてお花を選ぶことができますね。バラ1本とってみても、その色合いや形、大きさは様々です。
多くの選択肢の中から選ぶことができるのも、ネット花店の魅力ですね。
ネットで花屋さんを検索してみると、たくさんの花屋さんが出てきます。
店名も様々で、「花の店」「フラワーショップ」「フローリスト」「生花店」・・・など形式が様々で、どんな違いがあるのか、一目みただけでは分かりませんよね。
ネット花店を大きく分類してみたので、参考にしてください。
・加盟店型
通販サイトで注文と支払いを受け付けています。
実際の商品を届けるのは、その団体が加盟している花屋さんです。商品は団体の中で統一されていて、カタログを見ながら選びます。
・生花店型
ギフト商品が豊富です。
切花を主力にしていて、フラワーアレンジや花束を多く扱っていますが、鉢物も扱っているお店が多いです。ギフト用としては、一番ポピュラーなタイプです。
・園芸店型
同じ園芸店でも、主力商品がギフト用とガーデニング用とで分けられます。
ギフト用品が豊富なお店では、鉢植えを多く扱っています。大型の観葉植物をプレゼントしたい時には良いですね。
・ブライダル型
ブーケやブートニアなど、結婚式で使う商品がメインですが、プレゼント用としての花束なども扱われています。お洒落で豪華なものが見つかるかもしれませんよ。
・生産者型
生産者が直接ネットで販売しています。
お花が新鮮で値段が安いのが特徴で、まとめて大量に購入することもできます。
お花のことに詳しい人なら、こちらを利用するとお得ですね。
商品数は比較的少なく、ラッピングは期待できない場合が多いので注意しましょう。

お花の配送サービスの注意点

お花のプレゼントって素敵ですよね。
特に思いがけないプレゼントだと、相手の喜びも大きいものですね。
お誕生日や記念日などに突然バラの花束なんて、とてもお洒落ではないですか?
直接手渡せる場合は良いですが、突然のプレゼントに配達を利用する時は、相手の予定に注意しておく必要があります。
お花屋さんは、状態の良い花を指定された日の早い時間に届けてくれます。
届け先が不在の場合は夜や、翌日になってしまいますね。
通常プレゼントとしてのお花は1週間程度はもつものですが、お花は生ものなので、日に日に悪くなってきてしまいます。
届いた時には、元気がなくなっていた・・・なんてことがあってはせっかくのプレゼントも寂しいものになってしまいますよね。
受け取った時にお花が傷んでいた場合、良いお花屋さんなら再出荷してくれる所もありますが、送られた方は、お花が傷んでいたとはなかなか言い出せないものです。
また、翌日までに配達できなかった場合、お花によっては廃棄処分になってしまうこともあります。
そうなると送った側の責任となり、再びお願いする場合は全額負担となってしまいます。
当日まで内緒にしておいて、相手をびっくりさせたいと思いますが、その場合は相手が家にいるかどうかだけ確認しておきましょうね。
日時指定でお花を送る場合は、3日前までには花屋さんにお願いしましょう。
また、お花の指定がある場合は1週間前までには予約するようにしましょう。
お花は農作物と同じです。
予約した日に指定のお花が用意できるように、農家の人に収穫しておいてもらうのです。予約しておいても用意できない場合もあります。
また、予約によっては金額がアップする場合もありますから注意しましょうね。

花屋さんの配送サービス

お誕生日や記念日などに花束を贈りたいけれど、直接渡しに行くことはできなくて・・という人は、配送サービスを利用すると良いですよね。
お花の配送サービスといえば、「花キューピット」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
お花に詳しくない人でも、「花キューピット」という言葉は聞いたことがありますよね。花キューピットは、花キューピット協同組合(社団法人 日本生花通信配達協会)のことで、全国の加盟花屋さんの中での配送システムのことを言います。
ですが、お花を届けてもらう方法は、花キューピットだけではありません。
自分で直接花屋さんに出向き、そこの花屋さんから配送してくれるサービスもあります。花キューピットと違って、直接花屋さんと相談しながらお花を選ぶことができるので、より安心して頼むことができますよね。
お花は生ものです。バラ1本にしても、色や形、デザインは様々です。
お花屋さんで選んだ方が、より自分や相手の好みにあったお花を選ぶことができますし、沢山の選択肢の中からお花を選ぶことができるので、より心のこもったプレゼントになるのではないでしょうか。
花屋さんから配送される場合、届け先が近くの場合は徒歩や車で配送されます。
遠い場合は、花屋さんから宅急便をお願いすることになるのですが、自分が直接お願いした花屋さんのスタッフが梱包までしてくれるので、安心ですよね。
お花なんてどのお店でも同じ、と思う人もいるかもしれませんが、花屋さんによって、花の扱い方や、ラッピングセンスなども違います。
せっかくプレゼントするなら、自分の目で確かめて、信頼できるものをプレゼントしたいですよね。
花キューピットが悪い、というのではありませんが、より確かなものを贈りたいのなら、配送=花キューピット、というのではなく、まずは直接出向いた花屋さんから届けてもらえるかどうかを確認するようにしましょう。

海外へのプレゼント

お誕生日や記念日に、素敵なバラの花束を贈りたい!でも、相手は海外にいるので無理だよね・・・なんて、思っている人はいませんか?
大丈夫です!海外にいる人へも、素敵な花束やアレンジメントを贈ることができるのです。
花の配送サービスで良く知られている「花キューピット」でも、海外への配送をしてくれますし、その他、他の花屋さんでも海外への配送サービスを行っているお店がありますよ。
どのようにして送るの?と、ちょっと疑問に思ってしまいますよね。
もちろん、そのまま宅急便で送るのではなく、それぞれの花屋さんが提携している、海外の花屋さんから送られることになるのです。日本の花屋さんが手配代行してくれる、というわけですね。
金額は、それぞれの国によって、異なります。
また、円相場によっても変動があります。
お花代と手数料で1万円くらいから、と考えておきましょう。
また、お花はカタログや写真を見て、こんな感じで・・と大体のイメージは伝えることはできますが、花の指定や細かい希望はできません。
日本には多く出回っているお花も、海外にはない場合がありますし、ハワイやグアムなどの島国では、入荷される花に制限があるので花の種類が少なくなります。
ですが、海外の花屋さんが責任をもって、それぞれの国にあった旬の花を届けてくれるので、安心してお願いすることができますよ。
心のこもったメッセージも一緒につけることができます。必要な場合は、翻訳もしてくれますよ。
日本からの心のこもったお花のプレゼントは、贈られた人に喜ばれること間違いなしですよね!是非利用してみてくださいね。

花キューピット

女性に大きなバラの花束を贈りたい、でも持ち運ぶのは大変だし、手渡すのはちょっと恥ずかしい・・・という人には、花屋さんの配送サービスがおすすめです。
信頼できる花屋さんで、あらかじめ好みの花を指定しておけば安心ですし、その日にお店にない花でも、予約しておけば、当日配送してくれる場合もあります。
ですが、花屋さんでは直接配送できない場合があります。
・宅配便だと2日以上かかってしまう場合
・届け先がマイナス温度でお花が凍ってしまう場合
・大きなアレンジなど、サイズが大きくて宅配便では送れない場合
以上のような理由がある場合、お店によっては宅配便で送れません。
じゃあどうすれば??そのような時のためにあるのが「花キューピット」です。
花キューピットとは、花キューピット協同組合(社団法人 日本生花通信配達協会)のことで、全国各地にお花を確実に届けてくれる配送システムです。
とても便利なシステムなのですが、どんな花屋さんから、どんな質の花が送られるのかを自分の目で直接確かめることができない、という難点があります。
この難点を克服するために、花キューピットを利用する時は、「花キューピットモール」というインターネットサイトをのぞいてみましょう。
花キューピットモールでは、加盟している店舗と商品の画像を見ることができ、好きなお店を選択できます。
花キューピットの中で決められている商品の他に、そのお店のオリジナル商品も紹介している場合があります。信頼できそうな自分のお気に入りのお店を見つけて、確かなものをプレゼントするようにしましょう。

花屋さんの「おすすめ品」

バラをプレゼントしようとお花屋さんに出かけると、「今日のおすすめ」などと札にかかれて、店頭に束になって売られている花を見かけることがありますよね。
買おうと思っていたバラの花が、10本1000円程度で売られていることもあります。
通常、バラは安くても1本250円程度です。
ですが、安いなら!と思って買いたくなる気持ちをおさえて、「安物は古い花で良くない」と頭に浮かんで高い方を買っていませんか?
プレゼント用としてなら、確かに安さだけではなく、質にもこだわりたいですよね。
ですが、今日のおすすめのお花は、決して質の悪いものではないのです。
安いということは、その日にたくさん採ることができて安く入荷できたということなのです。たくさん採れたということは、旬のお花であるということですね。
野菜売り場の「おつとめ品」とは違って、新鮮で、質の良いお花ということなのです。
そのようなお花は、たいていお店の一番目立つ場所においてありますよね。
お店が自信を持って売っている証拠です。
中には、本当に古い花で悪質なお店もありますが・・・。
たいていのお店では、まとめて安く売られているお花は、丈夫で長持ちする花ばかりですよ。
プレゼント用として考えているのなら、お店の人に頼めば可愛らしくラッピングしてくれると思いますし、特別な日ではない日のお家への手土産として、利用するのも良いですよね。
信頼できるお店かどうかがポイントになりますが、是非、このようなお得なお花をどんどん活用してくださいね。

鉢植えのプレゼント

バラをプレゼントしよう、と思った時、多くの人が花束を想像しますよね。
バラの花束は確かに豪華で素敵ですが、バラを使ったアレンジメントでも可愛らしいですし、バラの鉢植えもとても素敵ですよ。
プレゼントに鉢植え?とピンとこない人も多いかもしれませんが、花束より少ない予算でもボリュームが出て豪華に見えますし、鉢植え1つだけではなく、複数の鉢植えや可愛いらしい雑貨をBOXやバスケットに入れてギフト用にしたものなどもあり、とてもお洒落なプレゼントになります。母の日やクリスマスなどには、そういった商品が花屋さんの前に並んでいて、人気を集めていますよね。
鉢植えをプレゼントする時に気をつけなくてはいけないことは、お見舞いの品としては避ける、ということです。
昔から言われているので知っている人も多いかと思いますが、鉢植えは根がついていることから、「病院に寝付く」と連想されてしまうので、お見舞いの品としては縁起が悪いとされています。
本来は、病院で入院している場合にあてはまることなのですが、自宅療養している場合でも、縁起が悪い、と連想してしまうこともあるので、なるべく避けた方が良いですね。
ただ、最近では逆に、鉢植えは縁起が良い、と言われていることもあるそうです。
鉢植えのお花は、アレンジメントや切花に比べて枯れにくいですよね。
特に旬の花の鉢植えはお花が次々に咲くことから、「元気になる」ととらえる考え方もあるようです。
相手の人が不快に思わないことが分かっているのなら、場合によっては可愛らしい鉢植えをプレゼントしても良いかもしれませんね。

バラの鉢植えの育て方

「バラのプレゼント」というと、豪華な花束や可愛らしいアレンジメントを想像する人が多いのではないでしょうか。
ですが、バラの鉢植えもまた、素敵なプレゼントになりますよ。
花束やアレンジメントのバラは時間がたつにつれて元気がなくなり、やがて枯れてしまいますが、鉢植えなら、花を長く楽しむことができます。
また、育てていく楽しみがあるのも、鉢植えの大きな特徴ですね。
ガーデニング好きな人へのプレゼントなら、鉢植えは最適なプレゼントになりますね。
プレゼントするからには、贈る側としても、バラの育て方をしっかりと勉強しておきましょう。
まず、水やりですが、それほど神経質になる必要はありません。土が乾いたら与える、を基本にして、冬場なら1日〜2日に1回、夏は1日に1、2回程度にしておきましょう。与える量は、鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと与えましょう。
バラは肥料が大好きです。特に鉢植えのバラは、鉢の中だけでしか栄養分を補給できないので、肥料は忘れずにあげましょう。
肥料には、液体タイプ、堆肥タイプ、固形タイプなどがあります。
お好みの物を使えば良いのですが、それぞれのパッケージに書かれている、決められた量や与え方に気をつけて使ってくださいね。
剪定も必要です。
枝を切ってしまうなんて、ちょっとかわいそう、と思ってしまう人もいるかもしれませんが、バラを美しく元気に育てるためには必要なことなのです。
剪定のタイミングは1年に2回で、「芽が伸びだす前」と「咲き終わった後」です。
芽が伸びだす前は、2月中旬頃が良いでしょう。
枯れ枝や、細い枝を切り落とし、丈夫そうな枝が盃状になるようにカットします。
高さは50cm程度で、芽の少し上のあたりで斜めに切ります。
咲き終わった後の剪定は、8月〜9月あたりです。
枯れた枝や元気のない枝を切り落とし、夏に伸びた枝を全体のバランスを見ながら整えていきます。
肥料や剪定作業など少々面倒な気もしますが、上手に育てていけば、年ごとに大きくなりますよ。大きくなった株は、植え替えてやると、さらに大きく丈夫に育ちます。
「これはあの時のバラだね」なんて話もまた楽しいものですよね。

バラの鉢植えの植え替え法

バラの花束やアレンジメントも素敵ですが、ミニバラなどの鉢植えも、可愛らしいものです。
鉢植えのバラは切花のバラよりも、長く花を楽しむことができ、育てていく楽しさも味わうことができます。大切な人へのプレゼントとしても、最適ですね。
プレゼント用として売られているバラの鉢植えは、陶器やカゴなどのお洒落な鉢カバーに入っていて素敵ですが、ほとんどはビニールポットの株をそのまま二重にして植えられているものです。
そのままで楽しみたいものですが、バラのことを考えると早めに大きな鉢に植え替えることをおすすめします。
鉢植えをプレゼントする時には、長く楽しんでもらうために、大きな鉢も一緒にプレゼントすると良いかもしれませんね。
植え替えに最適な時期は、12〜2月です。
ですが、プレゼントは時期を選びませんよね。その他の季節に植え替え作業を行う場合は、根についている土をなるべく落とさないようにして、根を傷めないようにしましょう。
大きめの鉢の底穴に、鉢底網を置いた後、植え付け用土を1/3程度入れます。
ビニールポットからバラを取り出して植え付けます。鉢の中央部分から少し後ろに入れると良いでしょう。
移したら、さらに土を入れます。鉢の周りにすき間ができないように、しっかり土を入れておきます。表面を平らにして、土をならしたら完成です。
完成後は、お水をたっぷり与えてくださいね。すぐに日向に出さずに、2、3日は風通しの良い明るい日陰に置いておきましょう。

時と場合に応じたバラの選び方

お花のプレゼントといえば、バラを思い浮かべる人が多いですよね。
お花屋さんでバラを選ぶ時、色や大きさ、形などが様々で、どれを選んだらよいか迷ってしまうと思います。相手や自分の好みに合わせたものを選ぶのも良いですが、時と場合に応じたものを選ぶことも大切です。
病気やケガをしている時に綺麗なバラをもらえば、それだけで心が癒されることと思います。お見舞いの品としてバラをプレゼントする時は、元気が出そうな黄色やオレンジ色などの明るい色を選びましょう。
ミニバラなどの鉢植えも可愛いですが、鉢植えはお見舞いには向かないものとされています。根があることから、「寝付く」ことを連想させてしまうのですね。花束やアレンジメントを贈るようにしましょう。
また、「4本」「9本」など、不吉な数字の本数にすることも避けておいた方が良いですよ。
出産祝いとしてのプレゼントには、濃い色よりも、淡い、やさしい色が良いでしょう。
赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんなので、お水の入れ替えの必要のない、アレンジメントや鉢植えが喜ばれるかもしれませんね。
新築祝いとしてなら、強い色は避けるようにしましょう。
家具やお家の雰囲気に合わない場合があります。
どの場所にでも合いそうな、白やピンクのバラが良いですね。花束をプレゼントする時は、素敵な花瓶も一緒にプレゼントするとすぐに飾ることができて良いでしょう。
お友達の女性の結婚祝いとしてなら、青色系のバラがおすすめです。
「サムシングブルー」の言葉に従って、お友達の幸せを願って、心をこめてプレゼントするとお洒落ですよ。

青いバラ

バラには色々な種類がありますが、バラといえば赤やピンク、黄色や白などが一般的ですよね。
ところが2004年、お酒で有名なサントリーが、世界初の「青いバラ」を作ることに成功し、2009年には販売を開始すると発表したのです。
植物の花の色を決めている色素には色々な種類があり、そのうち青色の色素で重要なものが「デルフィニジン」というものです。
バラにはこのデルフィニジンが含まれておらず、既に開発されている、紫色のような青っぽいバラにも、この色素は発見されませんでした。
このようなことから、青いバラは、実現不可能な幻のバラとして、語り続けられてきたのです。
この不可能といわれてきた青いバラについて、サントリーはオーストラリアのフロリジン社と共同して、1990年から研究に着手しました。
この研究の過程で、ペチュニアなどに含まれるデルフィニジンを使って青いカーネーションの開発に成功しました。
その後、バイオテクノロジーを用いた開発が進み、パンジーのデルフィニジンを作る遺伝子をバラに組み込んで機能させ、デルフィニジンを持っている青いバラを作り出すことに成功したのです。
たくさんの研究者によって、長年かかって生み出された青いバラ。
これまでになかった珍しい青いバラは、特別な人へのプレゼントにも喜ばれること間違いなしですよね。
もちろん自宅やお店、オフィスなどを飾ってみても、とても素敵です。
発売後は、是非一度青いバラの美しさを楽しんでみましょう。

バラの風水

最近良く耳にするようになった「風水」では、生活の中に花を取り入れることはとても大切なことだとされています。
どんな花でも、人の運気を上げるパワーがあったり、難を隠してくれたりするそうですが、花の中でも特に存在感のある「バラ」の風水について考えてみましょう。
バラは、トゲが特徴的ですよね。
このトゲ自体には、風水的にマイナス作用があるようです。
ですが、もう1つのバラの特徴である、バラの香りには大きなプラス作用があります。
玄関にバラのアーチなどを置くと、招き入れるパワーと、拒否するパワーが働き、好きな人だけがお家の中に入ってくる傾向になると言われていますよ。
また、バラには好き嫌いが激しいパワーがあります。
何かを決断したい時や、物事をはっきりさせたい時などにはお部屋にバラを飾ると決断を早めてくれますよ。
プロポーズする時にもおすすめです。自分の部屋にバラを飾ると、勇気と確かな決断力がわいてきます。その時は、赤いバラがおすすめですよ。赤いバラには、人間関係や恋愛運をアップさせるパワーがあります。北、東、東南、南西に飾ると効果的です。
金運をアップさせたい時は、黄色や白いバラを飾りましょう。
オレンジ色のバラには、勘が冴えるパワーがあります。懸賞や宝くじに当たる確率が高くなりますよ。お部屋の南に置きましょう。
お洒落な薄紫色のバラには、悪いことを良い方向に変えてくれる働きがあります。
お家の中心部分に飾ると、家族全体の運気がアップしますよ。
ただバラを飾るのではなく、こうした風水のことも、少し考えながら飾るとより楽しいかもしれませんね。

バラジャムの作り方

バラは鑑賞用だけでなく、食しても体に良い色々な効果があると言われています。
ですがそのまま食べようとすると、一度にたくさんの量を食べることは難しいですよね。美味しくたくさんのバラを食べるために、バラをジャムにして味わってみましょう。
バラのジャムなんて、ちょっと意外に思う人も多いのではないでしょうか。
市販されているバラジャムもありますが、自分で作ってみるのも楽しいですよ。
ジャムに使うバラは、できるだけ新鮮なものがおすすめです。
朝、起きた時にバラを摘み取っておきます。開ききったものでも良いですが、できれば開ききる前のものの方が香りを良く楽しむことができます。
バラの花びら(150g程度)をさっと水洗いします。よく水気をきったら、レモン汁をかけて強くもんでいきます。バラ色の汁が出てくるので、残しておいてくださいね。
花びらを絞ったらお鍋に入れて、お水1カップとお砂糖100g程度を入れて煮込みます。
強火にはせず、中火〜弱火で20分くらいゆっくり煮込んでいきます。
火から下ろして冷めてから、先ほどの絞り汁を入れて1時間ほど寝かせておきます。
その後、もう一度火にかけて煮込みます。
バラジャムは、そのまま食べても良いですし、紅茶やサイダーに入れて飲んでも良いですよ。
バラだけでは何となくさみしいな、と感じた人は、リンゴジャムを使ってみましょう。
市販されているリンゴジャムを鍋に入れて、そこにバラの花びらを浮かべて煮込むと、バラの香りが良いジャムが出来上がります。手軽に出来て、嬉しいですよね。
ジャムに使うバラは、農薬を使っていないものにしましょうね。
自分のお庭で、無農薬で育てたバラなら安心して使うことができますね。

バラを使ったプレゼント

大切な人のお誕生日やお祝い、記念日などにバラの花束をプレゼントしたら、とっても素敵ですよね。ですが、花束やアレンジメントは何だか照れくさい・・・と思う人も多いのではないでしょうか。
バラのプレゼントは、お花だけではありません。
バラを使った化粧水や石鹸などはいかがでしょう。
花束よりも手軽で、ですがお洒落なプレゼントになりますよ。
バラには女性が綺麗になる成分がたくさん含まれているのです。
バラを使った化粧水や石鹸なら、バラの香りを楽しみながら、体の中から綺麗になることができますよ。
バラの紅茶やお酒などもありますよ。
ローズティは最近では良く見かけるようになりましたよね。
バラのお酒は日本酒をベースにしたものや、カクテルなど、色々なものがあります。
優しいピンク色をしていて、ほのかにバラの香りが漂う、とてもお洒落なものですよ。
プレゼントした後に、一緒に乾杯してみてはいかがでしょう。
少しびっくりさせたいなら、バラ風呂なんてものもあります。
バラを浮かべたお風呂、女性なら誰でも一度は経験してみたいものなのですよ。
ですが、なかなか自分で用意する機会はないものです。
ギフト用のバラ風呂セットは、お風呂に浮かべるためのバラが沢山入っています。
一緒にアロマキャンドルなどがセットになっているものもあり、優雅なバスタイムを過ごすことができます。
いつも頑張っている恋人や奥様へ、お洒落なリラックスタイムをプレゼントしてあげましょう。

バラの種類

プレゼントとして最適な花であるバラですが、その種類は驚くほど多く、バラの歴史はとても古いのです。
バラは、大きく分けると「オールドローズ」と「モダンローズ」とに分けられます。
オールドローズは、野生のバラも含めて、1867年以前に作られたものをさします。
ヨーロッパの庭園で栽培されていたオールドローズは、切花としてではなく、つるや茎までバラ全体の姿を楽しむことを目的とされていました。
モダンローズは1867年以降に作られたバラで、1年に1度しか咲かないオールドローズと違い、長く花を楽しむことができる四季咲きが多いということが大きな特徴です。
現代では、丈夫で育てやすいモダンローズが良く知られていますが、モダンローズの中でも、色々な系統があります。
モダンローズの代表的なものは、ハイブリッドティー系です。
四季咲きで10cm以上の大輪の花をつけるバラです。色の種類は豊富で、5月から11月頃まで花を咲かせます。
最近日本で人気があるのはイングリッシュローズです。
オールドローズとモダンローズの交配によって生まれたイングリッシュローズは、両者の良い部分を受け継いでいます。オールドローズのクラシカルな花の形と良い香り、モダンローズの多彩な花色があります。日本で知られるようになってからは、まだ10年程度ですが、その種類は100種類以上ありますよ。
花壇の演出に最適なのは、フロリバンダ゙系です。
四季咲きで5cm〜8cmの中輪の花をつけるバラです。色や形は多種多様です。
黄色からピンクになり、やがて赤色になる「マスケラード」という品種のように、色が変化するバラも、フロリダパンダ系の特徴です。