気になる言葉ショップ

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままで選ばれた気になる言葉ごとのオンラインショッピングコーナーを設けています。
Home >
L-カルニチン

気になる言葉ショップ L-カルニチン

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままでえらばれた気になる言葉ごとのコーナーを設けています。このL-カルニチンでは、L-カルニチンをキーワードにいろいろな商品を集めてみました。ぜひご利用ください。



こないだの【あるある大事典】見たぁ?⇒⇒それ『日経ヘルス』にも出てたよ


中年太り予防


L-カルニチン[L-carnitine]は、リジンとメチオニンというアミノ酸から肝臓や腎臓で合成されるアミノ酸ペプチドで、脂肪を筋肉に運んで燃焼させる「発火剤」のような働きがあり、効率的にエネルギーに変える為に必要不可欠な、とても重要な物質です。
L-カルニチンは、ブドウ糖や遊離脂肪酸をエネルギー(ATP)に変えてくれます。
L-カルニチンはミトコンドリアにアブラやブドウ糖をどんどん送り込む働きを持ち、燃焼を促進してくれる優れモノです。その燃焼力はアミノ酸ダイエットの数倍といわれ、アメリカでも人気のあるサプリです。
L-カルニチンは、もともと体の中で合成されるものなので、基本的にはそんなに不足するものではないのです。ただし、この合成する力は、加齢とともに落ちていきます。したがって、中年太りが気になりだしたら、積極的に補給を行うようにしましょう。

認知証予防


さらに、L-カルニチンは、脳の働きにいい成分です。脳の働きとL-カルニチンの関係を研究する東京都脳神経研究所が行った実験(L-カルニチンを与えたネズミと与えないネズミの迷路実験)でも、L-カルニチンを与えたネズミの学習能力が高まったという結果が出ています。L-カルニチンは、体の中でアセチル-カルニチンに変わります。このアセチル-カルニチンは脳に多く含まれています。脳のアセチル-カルニチンが不足すると、脳の細胞は壊れやすくなります。脳細胞が壊れるスピードを落とすためにも、L-カルニチンを補給しましょう。

発掘!あるある大辞典2放送内容(2005.3.27)

2005.3.27 発掘!あるある大辞典2放送内容
老化の知られざる恐怖

一口に老化といっても、そのあらわれ方は様々。実は、老化は3つの知られざる恐怖となって襲い掛かってくる。

1.見た目が老け込みどんどん汚くなっていく

毎日少しずつ生まれ変わっている皮膚の細胞。新しく作られるサイクルが遅
くなったり、出来上がりの質が悪くなったり、見た目の老化は進行していく。

2.全身の細胞が役目を果たさず少しずつダメになっていく

細胞は身体の表面を形作っているだけではない。全身のあらゆるところが60
兆個、300種類にもなる様々な細胞でできている。たとえば血管には、通常、
血液が勢い良く流れているが、壁の部分に注目して見ると、四角い細胞が並
んでいる。もし、この細胞がきちんと働かなければ、血液はスムーズに流れな
い。外見の老化は30代~40代から始まるが、細胞の老化は、20代から始まっ
ている。

細胞が衰えると、何が起こる?
  • 耳の細胞:繊毛を動かし続けて外部からの音をキャッチする。耳の細胞が衰えると耳が遠くなる。
  • 目の細胞:目の網膜の中にあり先端部で明暗を識別している。目の細胞が衰えると視力低下・疲れ目。
  • 脳の細胞:脳内の神経細胞は140億個。電気信号で情報伝達を行う。脳の細胞が衰えると物忘れが多くなる。
老化とは
全身60兆個の細胞が、少しずつダメになっていくこと。問題は、細胞が働くた
めのエネルギーを生み出すエンジン「ミトコンドリア」。ミトコンドリアが元気に働
かなければ、パワー不足で細胞自体の機能も低下していく。くたびれたミトコン
ドリアの不完全燃焼こそが老化の大きな原因だった。本来、エネルギーの材料
として使われる食事で摂った栄養素は、ミトコンドリアの働きが鈍れば、余り続
けていくようになる。
3.痩せにくく、限りなく太っていく身体に

この第3の恐怖が見た目にあらわれたのが、いわゆる「オバサン体型」

続きを読む

一緒にとると効果的

L-カルニチンだけでなく、以下の成分も一緒に補給した方が、効果が増します。

αリポ酸

 体内のミトコンドリアを活性化し、摂取した脂肪の燃焼を補助します。またαリポ酸の抗酸化作用は非常に強力です。既に体内で使用されてコエンザイムQ10やビタミンCなど他の抗酸化物質を再生させる働きがあります。その他、美肌・脳の活性化・血流改善(冷え性・肩こり改善)など若返り成分としても有名です。


コエンザイムQ10

 細胞が働くためのエネルギーを生み出す生命維持に必要な物質です。老化・低血圧・生活習慣病などの改善や抗酸化作用などが有名で肌の新陳代謝を活発にし美肌再生にも一役かっています。活性化作用が脂肪をエネルギーにして排出することから、ダイエットの為にも利用されています。





サプリメントの飲み方は?

みなさんは、「1日6粒を目安に」とかあるサプリメントをどのように飲みますか?

朝1度に6粒とっていませんか。通常は、朝昼晩、食後に分けて飲む方がいいんです。ものによっては、いっぺんに多く入ってきても、排出されてしまいますので、実は足りないということになっているかもしれません。なぜ、そういう風に書いてくれていないかというと、薬事法で薬と紛らわしくなるからダメとなっているらしい。効果的な使い方を書けないというのはなんか変な気がしますが。