気になる言葉ショップ

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままで選ばれた気になる言葉ごとのオンラインショッピングコーナーを設けています。
Home > バラ >
ネット花屋さんの選び方(2)

ネット花屋さんの選び方(2)

女性にお花をプレゼントしたいのだけど、どんな花屋さんが良いのか分からない、花屋さんでお花をじっくり選ぶのはちょっと恥ずかしい、という人には、ネットショップの花屋さんがおすすめです。ネットなら、自分の好きな時間に、ゆっくり時間をかけてお花を選ぶことができますね。バラ1本とってみても、その色合いや形、大きさは様々です。
多くの選択肢の中から選ぶことができるのも、ネット花店の魅力ですね。
ネットで花屋さんを検索してみると、たくさんの花屋さんが出てきます。
店名も様々で、「花の店」「フラワーショップ」「フローリスト」「生花店」・・・など形式が様々で、どんな違いがあるのか、一目みただけでは分かりませんよね。
ネット花店を大きく分類してみたので、参考にしてください。
・加盟店型
通販サイトで注文と支払いを受け付けています。
実際の商品を届けるのは、その団体が加盟している花屋さんです。商品は団体の中で統一されていて、カタログを見ながら選びます。
・生花店型
ギフト商品が豊富です。
切花を主力にしていて、フラワーアレンジや花束を多く扱っていますが、鉢物も扱っているお店が多いです。ギフト用としては、一番ポピュラーなタイプです。
・園芸店型
同じ園芸店でも、主力商品がギフト用とガーデニング用とで分けられます。
ギフト用品が豊富なお店では、鉢植えを多く扱っています。大型の観葉植物をプレゼントしたい時には良いですね。
・ブライダル型
ブーケやブートニアなど、結婚式で使う商品がメインですが、プレゼント用としての花束なども扱われています。お洒落で豪華なものが見つかるかもしれませんよ。
・生産者型
生産者が直接ネットで販売しています。
お花が新鮮で値段が安いのが特徴で、まとめて大量に購入することもできます。
お花のことに詳しい人なら、こちらを利用するとお得ですね。
商品数は比較的少なく、ラッピングは期待できない場合が多いので注意しましょう。

Comments are closed.