気になる言葉ショップ

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままで選ばれた気になる言葉ごとのオンラインショッピングコーナーを設けています。
人民元切り上げ

人民元切り上げ


人民元は、1ドル=8.28元で米ドルとペッグ(固定)されているのですが、近年中国が、年率8%を越える経済成長を続け、
大幅な貿易黒字を計上し、外貨準備高が4000億ドルを超えてきたので、人民元は割安であるといわれるようになってきました。

国家は、為替と金利の双方を自由に操作することは不可能といわれています。先進諸国は、為替を市場に任せ、金利を操作して、
景気をコントロールしようとしています。香港は、ドルにペッグしている代わりに、市場金利の操作を放棄しています。


中国は、今のところ両方を管理していますが、どちらかを実勢に合わせて調整しなければならない時期がせまって来ていると、
みんなが考えるようになっています。そのため、世界中の投資家が元投資を行い、それが、また、元の価値を上昇させ、切り上げ
圧力になっています。


元が切り上がると、元を持っているだけで、ドルベースでその分、資産が増加することになりますから、ノーリスクハイリターン
の投資と考えられいます。


元そのものは、かなり規制があるので、一般的には、中国株とかに流れているものが多いですが、株はすでに元の切り上げを織り込んでいる
水準にあると考える方が妥当です。


(注意)元が切り上がるのは、ドルに対してですから、円に対しては、リスクがあります。

Comments are closed.