気になる言葉ショップ

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままで選ばれた気になる言葉ごとのオンラインショッピングコーナーを設けています。
背中の脂肪に気をつけよう

背中の脂肪に気をつけよう

背中に自分では気がつかないうちにちょっとずつ脂肪が蓄積されてしまうことがあります。
人から案外見られていて印象を左右するのが後姿です。
自分自身で確認することができないので、気にすることがようなのですが、ぴっちりとしたTシャツの背中に、ブラジャーからはみ出してしまっている贅肉がくっきりとうつっていることが度々あります。
きれいにおしゃれをしていてもこれでは台無しです。そのうえ脂肪が背中について、丸まって猫背になっている人がいますが、これは老けて見えてしまいます。
その反対で若々しく見られる人は、姿勢がよく、背中にだぶついたよけいな脂肪が無くすっきりとしています。
また余分な脂肪が背中についてしまうと、腰痛や肩こりの原因にもなります。
一度脂肪がついてしまうと、背中の場合は手や足のように動かすことが少ないのでなかなか取ることができません。
背中に脂肪をつけないためには、日頃から背筋を伸ばして姿勢よく歩くことが大切です。
常に背中を意識することで、脂肪がつきにくくなります。
一度ついてしまった背中の脂肪はなかなか取り除けません。
背中を伸ばしてきびきびと動けば脂肪が背中につくのを防ぐことができます。
日頃家事をするときなどにも意識してみましょう。


脂肪が背中についてしまったとき、それを落とすにはどうすればよいのでしょうか。
背中を伸ばすストレッチや普段使わない背中の筋肉を動かすエクササイズが有効です。
食事制限だけのダイエットでは体重は減っても、背中についた脂肪は落とすことはなかなかむずかしいものです。
いつも姿勢悪い人はとくに背中に脂肪がつきやすいようなので気をつけましょう。
まずは自分の姿勢を見直してみましょう。
前かがみの姿勢のまま1日中パソコンに向かっているような人は背中の脂肪をとるのが難しいでしょう。
背中を伸ばすストレッチをして、血行を良くしてあげれば、脂肪も燃焼しやすくなります。
手を後ろに組んで背中を反らすだけでも、毎日繰り返していれば脂肪がつきにくくなります。
脂肪が背中に蓄積するのを防ぐために家事の時にちょっと背中を意識してみましょう
。特別な運動をする時間のない忙しい人でもできることがあるのです。
背中の脂肪を意識して大きく体を動かしながら、窓拭きや雑巾がけをしたり洗濯物を干したりしてみましょう。
背中に脂肪をためないようにするには、毎日のこのようなちょっとした気遣いが大切なのです。
少なくとも予防としては、そんなにむずかしいことではないでしょう。

Comments are closed.