気になる言葉ショップ

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままで選ばれた気になる言葉ごとのオンラインショッピングコーナーを設けています。
気になる言葉ショップ コエンザイム

気になる言葉ショップ コエンザイム

気になる言葉ショップでは、管理人のわがままでえらばれた気になる言葉ごとのコーナーを設けています。このコエンザイムでは、コエンザイムをキーワードにいろいろな商品を集めてみました。ぜひご利用ください。



こないだの【あるある大事典】見たぁ?⇒⇒それ『日経ヘルス』にも出てたよ


エネルギーに変換


1957年、ミトコンドリアの中にこれがないとうまくエネルギーが生産できないというオレンジ色の物質が発見されました。それがコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10(CoQ10)は酵素を助ける補酵素。ビタミンによく似た働きをするのでビタミンQとも呼ばれています。


食べたものをスムーズにエネルギーに変換できるのはコエンザイムQ10のおかげ。 どんな栄養価の高いものを食べても、コエンザイムQ10がないとエネルギーを生み出すことは出来ません。つまり、食べたものを燃やすビタミンといえます。


加齢とともに減少


コエンザイムQ10は、もともと全身の細胞のミトコンドリアにあるもので、生物には不可欠なものです。もちろん、わずかですが普段の食べ物にも含まれていたり、体内で合成されたりしますが、20歳代から減少し始め、年齢を重ねるほど不足してきます。


多くの臓器のコエンザイムQ10濃度は20代をピークに減少していきます。ひとときも休まずに働いている心臓ですが、40代で30%、80代で50%以上ものコエンザイムQ10が失われます。


食事だけでは補えない


もし、一日100mg必要となれば、毎日イワシ20匹、あるいは牛肉を3kg、あるいはブロッコリーを12kgも食べなくてはなりません。とうてい無理です。
これまでコエンザイムQ10は、1975年から医薬品として、心臓の働きを向上させるということで治療薬として使われてきましたが、2001年から厚生労働省により食品としての販売が認可されています。

コエンザイムQ10の効果


ほとんど全ての細胞にミトコンドリアがあり、体中のあらゆるところにコエンザイムQ10があるのですから、サプリメントをとることにより実感できる効果はひとりひとりで違いがあります。よく聞かれるのは、疲れにくくなった、元気はつらつになった、肌が美しくなった、二日酔いがなくなった、足のむくみがとれた、集中力が増した、頑張りがきくようになった、風邪を引かなくなった、歯ぐきがしっかりしたなどです。コエンザイムQ10不足になる中年以降の人に強く実感されるようです。





サプリメントの飲み方は?

みなさんは、「1日6粒を目安に」とかあるサプリメントをどのように飲みますか?

朝1度に6粒とっていませんか。通常は、朝昼晩、食後に分けて飲む方がいいんです。ものによっては、いっぺんに多く入ってきても、排出されてしまいますので、実は足りないということになっているかもしれません。なぜ、そういう風に書いてくれていないかというと、薬事法で薬と紛らわしくなるからダメとなっているらしい。効果的な使い方を書けないというのはなんか変な気がしませんか。




コエンザイムQ10だけでなく、以下の成分も一緒に補給した方が、効果が増します。

αリポ酸

 体内のミトコンドリアを活性化し、摂取した脂肪の燃焼を補助します。またαリポ酸の抗酸化作用は非常に強力です。既に体内で使用されてコエンザイムQ10やビタミンCなど他の抗酸化物質を再生させる働きがあります。その他、美肌・脳の活性化・血流改善(冷え性・肩こり改善)など若返り成分としても有名です。


L-カルニチン

L-カルニチン[L-carnitine]は、リジンとメチオニンというアミノ酸から肝臓や腎臓で合成されるアミノ酸ペプチドで、脂肪を筋肉に運んで燃焼させる「発火剤」のような働きがあり、効率的にエネルギーに変える為に必要不可欠な、とても重要な物質です。
L-カルニチンは、ブドウ糖や遊離脂肪酸をエネルギー(ATP)に変えてくれます。

Comments are closed.